子供が口臭がある、なぜですか?

誰もが気になる口臭ですが、じつは子供でも発生します。遊んでいるときや歯みがきのときなどのシーンで、「うちの子、もしかしたらにおうかも?」と気になったことはないでしょうか。実は子供でも口臭がすることって十分にありえるんです!では、子供の口臭の原因は何でしょうか?本文では、子供の口臭の原因の情報についてご紹介します。

口呼吸
子供の口臭の原因は、まず、口腔内は、口呼吸により乾燥を引き起こし、安静時唾液による口腔内恒常性維持機能や、口腔内免疫の低下、口腔内自浄性の低下が起こります。その結果、口腔内は細菌学的には不潔になりやすく、虫歯や歯周病なども促進していき、結果として口臭に結びついていきます。口で呼吸をすると、自ずと口内が乾燥して渇きます。口腔内乾燥の状態となり口臭の原因になります。

歯磨き不足・うまく磨けていない
歯が生えてきたらハミガキを習慣化しましょう。ハミガキを十分に行えていないと、汚れ(歯垢)が溜まって口臭の原因となってしまうのです。もちろん、歯垢は虫歯や歯周病の原因となりますので、早めに溜まった汚れを除去してあげることが大切でしょう。

鼻づまりがある
鼻づまりを生じさせるアレルギー性鼻炎や蓄膿症、風邪などの病気になると、口呼吸をせざるを得ません。そうなると、やはり子供口臭の原因となります。

ウイルス性の風邪
ウイルス性の風邪が口臭の原因となるケースもあります。たとえば、胃腸系のウイルス風邪だと、なかなか食べ物を消化できないために胃の中で発酵してしまい、においのもとなる物質を生成してしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です