赤ちゃんの口臭免疫力を高めるのじゅうのみごとな手

Pは免疫力により良い抵抗をしているウイルス、赤ちゃんは免疫力を高めるには
?赤ちゃんが免疫力を高める方法はどんなことがありますか?次に理解してください.

p(1)多く水を飲んで

水を飲んで粘膜が潤ん、細菌の重要な線となり,口臭、細菌の重要な予防線になります.登校、外出時に子供はやかん,車には常に水を入れて、水を飲んで、良い習慣になります.

P(2)がきれいにならなくて

免疫システムに伝染病原形成免疫記憶、万が一再びなら、早くそれを消滅させ、もしあなたの家がきれいで、子供は機会を感染抗体を生んで、抵抗力が弱まって、かえって、つながるアレルギーと自己免疫失調.

世界保健機関(WHO)は、警告、抗菌清潔用品を微生物耐性問題も深刻だが、アメリカ医学会呼びかけも大衆の使用は避けて抗菌成分を含むの清潔用品で、これらの製品は耐性微生物の出所を使えば、一般肥石鹸と水に達することができる清潔の効果.

には抗菌,清潔には健康で、子供の基本的な衛生習慣、特にトイレに行ってから手を洗うのは.

P(3)十分な睡眠

睡眠不良が体内にウイルスと腫瘍のT細胞数が減少、病気の確率が増加します.専門家は成長中の子供は毎日8~10時間の睡眠が必要です、もしあなたの子供は夜寝なければならなくて、彼に昼仮眠片時.

と子供は体の自己治療の能力を検討する能力

を検討するp> <子供について知って体はもっと力を備えた、子供が風邪や擦り傷、一緒に留意彼の復元の速度、そう信じて子供を学会は自分の体をもたらさない薬に頼りすぎて本能.研究によると、慢性病童の両親は常に子供と討論疾患、強調して彼らの弱いが、彼らにもっと不安.

2000年に発表した新イングランド医学ジャーナルでの研究では、じゅうさん歳以下の子供はもし幼時間とより年上の手足や托育成機構の中の小さい友達付き合い、後日罹患ぜんそくの確率を半分に減らす.

研究司会ホワイト博士は、ほかの子が露出を通じて、感染元で、子供の免疫反応を刺激することができて、彼の免疫システムを強化、アレルギー反応によるぜんそくのチャンスはもともと.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です