春の口臭食養生の六大原則

春の養生、春の養生はどのように食事をしますか?養生食で何を食べますか.春季の食養生の6大原則として、春の食養生の六大原則を理解してみてください.

春の食べ物は選んで、一般的には食品を選んで、鶏肉、卵,やせて豚肉など、ナツメなど.ものぐさの体質改善にはならず、体力もアップしている.しかし、明らかに体の弱い人は、適切な栄養を補給する必要が来るように漢方療養、西洋にんじん、竜眼の肉、党参、オウギなど.春の養生はどのような食原則がありますか?春の食養生の六大原則

一:早春の季節、熱量の高い主食を選択し、十分なたんぱく質を補充して.

によって、気温はまだ寒さ、人体は一定のエネルギーを消費して、防寒機能を維持することが必要です.だから、早春の間の栄養の構造は高い熱量を主とするべきで、穀類の外で、また、ダイズ、ゴマ、ピーナッツ、クルミなどの食品を選択して、直ちにエネルギーの物質を補充することを補充して.また,寒さの刺激で体内のたんぱく質分解が加速し、機体抵抗力が低下して病原体になります.だから、早春の時には良質のタンパク質を補充する必要が食品、例えば卵、魚、エビ、牛肉、鶏肉、兎肉とマメの加工食品など.上記の食品の中に含まれる豊富なメチオニンで、ちょうどは人間の体の寒さの増強メチオニン機能.

Pは原則二:適度に飲食の野菜の比重を適度に増加するビタミンと無機塩を摂取することを摂取して.

春、また気候が冷たいから暖かくなりの季節で、気温の変化はわりに大きくて、細菌やウイルスなどの微生物から再発、活力を侵害しやすい人体病原、例えば春季一般的な口論炎、舌炎、夜盲症といくつかの皮膚病など、これらの多くが新しい果物野菜食べるのが少ないことが原因で栄養が不足しているので、食事は適切に増加の飲食の中の果物や野菜の比重は十分なビタミンや無機塩摂取.小白菜、菜の花、ピーマン、トマトなどの新鮮な野菜とオレンジ、レモンなどの果物を持ってビタミンC、抗ウィルスの作用;ニンジン、ヒユナなどの緑黄色野菜のビタミンAを保護を強化すると、上気道粘膜や呼吸器官上皮細胞の機能を強化し、様々なリスク要因に襲われ、ビタミンE食べ物も食べるべきで、人体の免疫の機能を高めて、機体の病気への抵抗力を強める.この食品は胡麻、靑色キャベツ、カリフラワーなどがあります.また、科学的な飲食の観点から、春に強調すべきは蛋白質,口臭、炭水化物、脂肪などの栄養素を摂取量の割合は比較的、抵抗力を強め、防止暴飲暴食を避けるために、肝機能障害を引き起こすと胆汁分泌異常.

p>原則三:<食事宜あっさり、食べるのを避けて脂っこい、生や冷たい刺激性食品.

冬春のおいしい料理をごちそうしべき清温平板で、動物の食品には、少なく肉などの高脂肪食のため、油っこい食べ物食べた後に発生しやすい満腹感が、人体にも疲労現象.食は温かい、生もを忌む.胃は冷たくての人はよく食べて姜、暖かい胃を.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です