ピータンの口臭赤身粥の作り方はピータン赤身の家常の家常の技術の方法

Pは秋にどんなおかゆを飲むのが一番有益ですか?ピータンの赤身粥は塩辛い種類が最も高いおかゆ品、作り方もピータン赤身のかゆの普及に伴い、地域の違いによって違いがあるためです.よく美味しい家庭でよくお粥を食べて,私たちはピータン赤身のかゆを見てみてどのようにするべきです.

のやり方<P>の作り方

P:米150グラム、ピータン2個、豚赤身グラム、油条1根、ねぎ1本、生姜少々、香菜1株.

【調味料】:食用油200グラム(実消耗じゅうグラム)、ゴマ油、少し胡椒少々、塩小さじよんしよ小さじいち、味の素.

Pやり方:

p> <いち、ピータン殻剥き、すべての細い線を同量の花びらではち予備.

p2、米はいい後に少量油に和える.

さん、生姜をきれいに洗って千切り、ねぎ洗浄を葱、香菜切末.

よんしよ、豚赤身滴をきれいに洗って水、塩小さじさんで漬けさん時間~味を入れにじゅう分を取り出して蒸し鍋蒸し切片.

をご、長揚げパン切り等を入れて、油で揚げ鍋で、弱火で約さんじゅう秒からカリカリ後,口臭、取り出して油を切る.

雑炊6、米は雑炊鍋、水を入れ,水割り、約30分煮.

は7、ピータンと赤身のスライス、生姜糸と殘の調味料と一緒に煮た後、再び煮て数分エンスト、食用する前に油条と香菜、葱坊主に参加することができます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です