春季の口臭養生の道春季の養生に注意して「三寒四温」

三寒四温は春の天気が回復傾向にありで温度が著しく低下した現象.漢方医は春季養生は人の気になって、寒気を防ぐため、冬の消耗の熱エネルギーが大きいので、春になる時人の陽の陽は比較的に弱くなって.しかも陽気は内側から配布の場合、寒気が人体に侵入し、陽の生発は扼殺されるゆりかごに抵抗力が低下し、病気にかかりやすくなり、風邪を引いて,口臭、のどが痛い、頭痛などの病気が頻発した.女性はこの頃やすいリューマチ性関節炎、生理痛、深刻なのはまた宫寒ようにつながる、不妊するだろう.だから,三寒四温の際に、必ず注意で身を守ります!

1、足の裏は保温し、生理的に抵抗力を増強する

君は春になるか早くきれいな単靴を着たくて、最も寒がりの生理期間も例外ではありませんか?漢方医は人の足が冷えないので、足の裏に脂肪が少ないだけでなく、多くのつぼと人の内臓に対応して、足が冷えて引き起こす臓腑の調子が悪い.三寒四温時、覚えている時や入浴した後に家を着ないミュールよ.特に生理期間皆さんに注意して、できるだけから晩春の時節に着替え単靴、ふだん鍛え注意足の裏.

足の裏鍛錬法

家や屋外、立っている、かかと、足、足の指、かかとのスピードと大きな歩幅で、毎日20分以上.順に注意して、ちょうど時間があまり長くないことを始めて.寝る前にお湯で足湯、ふて、両手で両足の足の裏に対して揉ん、たたい、打、効果はもっと良いです.

P2、毎日3回の窓の換気

は暖かくなったが、三寒四温も多くの人を温めるために窓をしっかり閉まっているので、気をつけないと換気、細菌が繁殖しやすいように特に、病原菌、昼間は常に換気を保って窓を開けて、清新な空気と十分な日光.

p> <小さい指摘:窓を開ける時間を維持しさんじゅう分ぐらい、1日3~4回ない盲目依存移り香、オゾンエアーフィルターを保って室内の空気の品質;曇りや毎日じゅう時前には窓が多く、空気中にほこりが多くて、空気の質が悪い.

3、たくさんニラを食べて、寒気が怖くて

を恐れません

三寒四温の時、多発性伝染病と低気圧が温が織りなす、腸チフス、インフルエンザなどを招きやすくて,私達をたくさん食べるネギ生姜と大蒜、ニラなど少し刺激性の食品.漢方医は、これらの食品は、疾病、拡張血管、殺菌することができます.しかし、単独では味が重すぎる、どうしようか.ニラのニラのおかゆを紹介してあなたにあげます.

には寒しニラのおかゆ

を取り除くは、100グラムのうるち米、500グラムのニラ、適量清水、ニラはうるち米の肉刺15分ぐらいで、清水はきれいに洗い流し、みじん切り.うるち米を入れ、清水煮沸、ニラ、早晩、朝晩適量に食用にします.春にはニラを食べて、陽の陽の生まれの作用を助けることがあります.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です