神経口臭科

▓高雄医学大学付設病院神経科

本土版を認知症評価:台灣を基礎からコミュニティ筛检、臨床研究の神経心理テストなど一連の知能評価量表及びツールを、続々と国内の多くの病院で使用されてから.また現在は南台灣治療認知症患者が最も多く、他の病院に患者も回転介最多の医学センター.しかも、医療スタッフ主導構成認知病友会、教導の家族がどのように病人の世話をする薬臨床実験参加患者.

▓台北栄総神経内科

守り頭痛や認知症患者:悠久の発展の過程で、各種神経疾患領域も一定の表現で、近くに国際定期刊行物さん年発表論文数台灣神経内科の冠、そのうちかつ認知症や頭痛が最も傑出している
レビトラ 効き目 5mg.成立近じゅう年の頭痛外来の診察をして、毎年約千人の初めにかかる患って、今まで積み重ねが1万人を超え,そして得意診断治療珍しい頭痛、例えば入浴頭痛、低脳圧頭痛など.認知症グループ国際通用の測定ツールを導入して、また配合研究資料を本土常模ので、発表の論文はすぐに受け入れられる.

▓林口庚神経内科巴金森治療センター

打ち立て台灣巴金森氏症治療の基礎研究:国内最古の大規模な従事巴金森病関連の研究や治療の単位数、事例も多く,1990年から今まで、どんな病気や鑑別診断や治療には世界レベルでも、台灣の巴金森打ち立て病気治療基礎研究.庚と開発委員会成功鎝- 99造影剤を加速しただけでなく、巴金森病の診断で、運用便利、低価格で、多くの人にこの早期診断し巴金森病の疑い巴金森病の人もそれに検査本物かどうか調べる.

▓花蓮慈済病院巴金森治療と研究センター

深部脳脳細胞が刺激を聞く話:結合神経内外科、精神科、映像造影,口臭、核子医学と介護スタッフを構成して、完備なチームは、積極的に活用する科学化のツールと機器、発展の無枠型全ナビゲーション立体測位システム、及び利用単一神経細胞マイクロ電位記録計最高のチップを挿入時など、完成台灣の4割近くの手術量.

▓新光神経内科筋無力症センター

全国9割重症の筋肉患者の希望:1992年に成立した台灣初の筋無力症センターで、患者のためにデザイン個別化の医療プログラムを確保するため、病気も補完続いた世話と教育; 2006年に改組中華民国筋無力症患者ケア協からされ、主演のサービス病友、お見舞いと自己の世話の経験を分かち合う.現在全国独特の特別外来外来、血液浄化センター、その他の治療法には薬などを含む、14年間、全国90 %の病人が新たに.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です