士は「口臭賞賛」者死

韓国某大手の清掃員は、本来は最も人を無視し、最も人に見くびられキャラだが、その一人は1日夜会社金庫を盗まれた時、泥棒と死闘を行いました.

事後、ある人は彼を聞いて彼の功労を認めた動機は、答えお釈迦様でも気がつくまい.彼は会社の総経理は彼のそばから通る時、いつも彼の”あなたの掃きの本当にきれいなきれいな」.

あなたは見て,こんなに1つの簡単な話を受けたので、この従業員に感動し、結婚する.このも中国の一句士は知己者死という旧聞士を知る者は死んでいるという」.

アメリカ有名な女性起業家のマリー·凱社長が言っていた.世界で二つの物はお金よりと性よりも人の必要の–認可と賛美.お金には、部下たちの積極性は万能ではないが、賛美は,その不足を補うことができる.生活の中の一人一人には,口臭、すべてのプライドと栄誉感があるから.あなたは彼らに心からの表彰と賛成に対して、彼の価値の最も良いことと重視することを認めて.部下の心には、その人の心のニーズを満足させ、その潜在的な才能を刺激することができる.人に最も最良の方式は心からの鑑賞と善意の賞賛とすることです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です