蝉の口臭考え事(寓話)

蝉の考え事(寓話)

作者:徐东风

暗くて湿っぽい空間で蝉を探したい光明広いところ,そして、それは命がけの上へ登って登って這う、それですね、それはついに土を割って出て,心にあこがれた地方.”

穴に這い、闇に各種虫の声と林間の鳥の鳥が、花の香りをかぐ、ここが美しくて!醜い体は暗闇で探して、這いながら:洞口、自由、後はどう生きるか?色々途方投げ首それを一頭地を出す、早く脱皮なければ、私は人類の料理.

それを夜に乱射、週りが数え切れないほどの大きさの木、ふらふらしてそれに一本春樹の下には、よく見ると1番春樹だめだ,口臭、それに臭い不快と私は生きる!それがさらに進ん登って、一本のエンジュが香ばしい:“私もそれに頼ることはできませんが、全身香り、それがほつれた皮膚を感じさせて吐き気がして、もうないそれは長を高くに依存しない、将来見込み!」その前に這い、大きな威武のポプラのカワヤナギが、急にはこれこそ、私が探していたが、これは私が探していた.肌にポプラがあるだけではなくて、また大きな体、更に大きい雨もついていけませんそれ、それを選んでください私の将来が上昇した!

そこでそれが集まって全身の力を登って、ポプラの胴体、それは得意げに、必死にポプラの栄養を吸引、努力をそれはついに殻を破れ、ひとペアのきれいな翼を持った、美しい体と蝶のよう、昔の醜いと下品で一掃.

光がかっこいいの体はまだだめだ、まだ1枚竹に油を塗る.そして、それを勉強し始めてから話を聞いた歌や、ひとしきりの美しい鳥の&は、そこでそれに来た林“私たちと鳥語学習の美しい歌声と言語.」鳥たちがどうして君に教えて、あなたの魂龌蹉ばかり高い枝.鳥たちは、鳥たちは、それは、爬山、鳥は、翼を持っていて、私もあなたに任せて、あなたにたよるの魂は卑劣だ.その時、遠くの池に聞え陣蛙、この音はまだ.すると、その池のカエルに来ました、あなたの夢に行きましょう、秀でた才能と学識のものがない.恥ずかしくて池を出て行った.

努力、それ自身の生理機能を利用して、オリジナルのセットを自分の言葉と歌の本領、この時、それの翼も元気で、私のこの身綺麗な外見と美しい歌声に困ることがないの生きる場所.

どこにでも、どこに行っても羽根がついていく、というのは、どこに行っても見せびらかす、というのは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です