自分で口臭を確かめる方法

コップや袋に息を閉じ込める

まずは、コップや袋に息を吹きかけ、漏れないよう息を閉じ込めます。閉じ込めたものから口を離し、一旦きれいな空気を吸い直し、改めて閉じ込めた息のニオイを嗅いでみましょう。

自身の普段使用している歯ブラシの臭いを嗅ぐ

歯磨き粉をつけていない歯ブラシや、糸ようじを使って、歯垢をとってニオイを嗅いでみましょう。じつは、歯垢や歯石は口臭の原因となる成分を持っています。そのため、歯ブラシや糸ようじなどに付着している歯垢をとってみてニオイを嗅いでみても、臭いの確認ができます。

舌苔や唾液を拭き取り臭いを嗅ぐ

手の甲や、手のひらを舐めてしばらくしてその匂いを嗅ぐと自分の口臭に限りなく近い臭いがします。舌苔を布やティッシュなどで拭き取り、ニオイを嗅いでみることで簡単にチェック出来ます。舌苔がいやなニオイをしている場合は、口臭が強くなっている可能性が高くなります。

オキシドールを使ってうがいをする

オキシドールは薬局などでも簡単に購入でき、口の洗浄や殺菌にも使われています。このオキシドールを2倍程度に水で薄め、うがいをして吐き出します。吐き出したオキシドールから小さな泡が出ていると、口臭が発生している可能性があります。

口臭チェッカーを使って臭いを確認する

もっとも確実で客観的に自分の口臭を確認できる方法として、市販の「口臭チェッカー」などの器械を使うことも可能です。どんな臭いかまでは確認できませんが、周囲の方へ与えている口臭の影響を図ることは可能です。

身近な信頼できる方に直接臭いを嗅いでもらう

ご家族や友人の中に口臭の確認に協力してくれる人がいたらその人に頼むのが口臭を確認する1番の近道です。寝起きや食後など、状態によって一日の中でニオイは変化します。何度かやってみて、どのような違いがあって、いつ口臭に気をつければよいのかチェックしてみましょう。