口臭予防できる食べ物

①サラダ(生野菜)

健康食の代名詞のようなサラダ、生野菜ですが、口臭予防を念頭において生野菜を食べることは少ないかもしれません。生の食物には大量の食物酵素が入っているので、それを取り込むことで腸の調子を整えることが出来ます。酵素とは食べ物の消化や分解に不可欠な物質で、唾液、胃液などによって供給されます。食物酵素を取り入れると、その働きによって腸の働きは活性化され便通も改善されます。宿便がなくなれば、腸内から回ってる悪臭はなくなり、口臭が減ります。

さらに生野菜には食物繊維も豊富ですから、それによっても腸の調子が改善されます。また、生野菜は温野菜と違い、食べごたえがあります。若干硬いこれらの野菜を噛み砕くとき、歯垢を歯から引き剥がすことができ、噛み砕くことにより唾液の分泌も多くなりますから、口腔内の自浄作用が高まるようです。

②フルーツ(果物)

フルーツといっても種類がたくさんありますが、たとえば、リンゴは「天然の歯ブラシ」と言ってもいいほど、口臭予防にはいい果物です。リンゴをもぐもぐと食べた時にだ液が出ることに加え、食物繊維が豊富なので口の中を清潔にしてくれる作用が強いようです。また、パイナップル、パパイヤのような南国産、口臭の原因となる舌苔を取り除くことができるそうです。

さらには、パイナップル、パパイヤなどの南国産フルーツにはたんぱく質を分解する酵素が多く含まれています。それらのフルーツを食後に口の中に入れ、30秒ほど舌の上で転がすようになめていると、舌に生えている舌苔をとることができるのです。

③紅茶・ウーロン茶

口臭予防効果があるものとしてのお茶は緑茶があまりにも有名ですが、紅茶も負けてはいません。口臭予防効果のあるお茶の成分はいわずとしれたカテキンですが、緑茶ほどではないにしろ、紅茶、ウーロン茶にも豊富に含まれています。

④ヨーグルト

ヨーグルトと言えば、いわずとしれた乳酸菌。この乳酸菌は、口のなかの細菌を増殖させないようにする働きがあります。歯はもちろん、先ほどのフルーツと同じように、舌苔の消臭に効果テキメンのようです。歯磨きが終わった後に、無糖のヨーグルト(プレーンヨーグルト)をスプーン1杯、歯磨きをします。あるいは、それが抵抗があるようなら歯磨き後に、ほんの少しだけ、食べて、口をすすがずにいると、乳酸菌が口の中の雑菌を退治してくれるのです。

⑤レモン

レモンには殺菌作用があり、口の臭いの原因になっている菌類を殺菌してくれます。さらに、レモンに含まれているクエン酸は、柑橘系の果物にふんだんに含まれている成分で、ドライマウスという「だ液」の量が不足して口の中が渇いた状態に効果的です。レモンを目にすると誰しもだ液が自然と出てくると思いますが、そのクエン酸効果で、ドライマウスを防ぎ、口の唾液が豊富となり、雑菌を洗い流し、口の粘膜を保護する役割を担っています。殺菌作用とドライマウス防止でダブルで口臭予防効果あります。