口臭はどのように発生したのですか

口臭はどのように発生したのですか?
口腔マイクロ工場のように、約50兆の細菌が暮らしています。それらは暗い隅に、食物遺が食い、発酵した腐敗の臭いは呼吸を合わせて、放出します。これも何で起きた後に口臭が重い原因です。
口臭は生理性と病理性に分けます。生理的口臭は生活中で発生した短い現象とされ、空腹の時、夕食はたまねぎ、にんにくをたべる場合、喫煙、睡眠時間が短い場合などの原因です。85 %の口臭は口腔自身の問題に由来します。虫歯、歯肉炎を患って、歯週炎などの口腔病を感染した人は、口腔内に細菌が繁殖しやすい、特に嫌気性菌が多くあり、その分解によって、生み出した硫化物は口臭を引き起こします。
胃腸の疾病のように消化性潰瘍、慢性胃炎など、呼吸器疾患のように気管支炎、副鼻腔炎、咽頭炎、扁桃腺炎など、口臭を伴う恐れがあります。
または、思春期の女性は卵巣機能が不全で、性ホルモンレベルが低い、口腔組織の抵抗力も低下し、感染症に感染しやすくなります。
長期便秘の人は、体内からの有害物質直ちに排出し、口臭や腹部膨満なども伴っています、。食欲が減退し、怒りっぽい性質などの症状を表します。
服用させて薬、たとえば鎮静薬、血圧を下げる薬、アトロピン薬、利尿薬、温作用を補うの漢方薬など、口臭を引きやすいです。
ダイエット、あるいは婦人は月経期間中に、内分泌が乱れる時、すべては口臭になることができます。
神経システムに影響を与え、唾液を分泌します。心理的ストレスが大きい時に、天然「うがい水」が明らかに不足し、乾燥する口腔が汚いになり、口臭が早く発生します。アジアで家庭協会の行政委員会の委員から見れば、よく怒る人は口臭になりやすいです。口腔の近で、化膿性扁桃腺炎、慢性副鼻腔炎、萎縮性鼻炎などの原因で、膿性分泌物を生むことができます。臭いを発散しやすいです。臨床上ありふれた内科疾患などの慢性胃炎、消化性潰瘍が酸臭いがあります。幽門梗塞、末期の胃がんはよく臭いを出ます。糖尿病性ケトアシドーシス患者がアセトン味を吐いて、口臭になります。尿毒症の患者は腐ったりんごのにおいを吐きます。また、白血病、ビタミン不足、の患者は重金属中毒などの病気によって口臭も引き起こせます。