口臭の原因と解決対策

口臭の原因
生理的口臭
自然な口の臭いのほかに、食べ物やタバコ、アルコールなどによって生じる臭いが生理的口臭です。食べ物のなかでも、口臭の原因となりやすいのはニンニクとネギ、ニラ、ラッキョウなど。とくにニンニクは腸から吸収された成分が血液中に入り、体中を回って肺から息として吐き出されるため、いつまでも臭いが残ります。またアルコールも本人にはわかりにくいのですが、強い臭いが漂います。

自分の口臭を感じたとき、ニンニクの入った料理やアルコールの影響が残っていないかどうか、まず考えてみましょう。ニンニクやアルコールの臭い解消には、牛乳が効果的なので試してみてください。梅干やレモンにも、食べ物の臭いを薄める効果があります。もちろん歯磨きも忘れずに。
病的口臭
病的な口臭には、次のようなものがあります。
● 口の病気”虫歯、歯周病、口内炎など。
● 鼻やノドの病気”蓄膿症や扁桃炎、アデノイドなど。
● 胃腸の病気”胃炎や胃拡張など。この関連で、舌に白いコケのようなもの(舌苔)が増え、それが臭いを発することがあります。舌苔をとる専門の用具もありますが、歯ブラシで軽くこするだけでも臭いはかなりとれます。
● 呼吸器の病気”慢性気管支炎など。
● その他”糖尿病や肝臓病、腎不全、がんなど。
こうした病気のなかでも、もっとも口臭の原因となりやすいのは、虫歯と歯周病です。じつは慢性的な口臭の原因の9割は虫歯と歯周病といわれるほど。つまり口臭を気にするなら、虫歯と歯周病を防ぐためのオーラルケアこそがもっとも重要なのです。そこでこの2つについて、くわしくみていきましょう。

口臭の対策
ニンニクもお酒も、身体の中の血液中に“臭いの成分”が作られてしまうので、臭いを簡単に消すことができなくなってしまいます。ただ、臭いの成分が身体の中で吸収される前に、「緑茶」を飲んだり、「りんご」を食べることで口臭を発生させるのを防ぐ方法があります。

緑茶には『葉緑素(ようりょくそ)』という消臭効果のある成分が含まれていることと、『カテキン』による殺菌効果が期待できるので、すぐに口臭を消したいという場合に飲むと有効であるといわれています。

りんごには、消臭効果のある『ポリフェノール』が含まれています。ニンニクに含まれているアリシンは、身体の中で吸収される前にポリフェノールと反応させることで、口臭対策に効果を発揮します。